コインパーキング豆知識

コインパーキングの経営をお考えなら

このサイトではコインパーキングを経営するのにかかる初期費用のことや仕組み、お金を自動で発生させてくれることや楽に運営していくコツなどについて詳しく解説しています。
他にも必要となる設備などについても解説しているので、この記事を読むことによってスムーズに駐車場を運営して所有している不動産物件を有効に利用することができますし、駐車場が足りなくて路上駐車が増えるという社会問題の解決に少しでも貢献することが可能です。

コインパーキング経営の初期費用

コインパーキング経営の初期費用 コインパーキングを経営するのにかかる初期費用は精算機が工事費込みで1台あたり、およそ40万円ぐらいでロック板が1台あたりで、およそ10万円前ぐらいというのが内訳になります。
ですので10台分の車両が駐車することが出来るコインパーキングで、だいたい250万円ほどが目安です。
その土地のオーナーの方も、アスファルトを舗装するための初期費用がかかります。
更地の状態からアスファルトに舗装するときには、1台分の広さを舗装するので、だいたい8万円から10万円ほどかかることになるのです。
その土地のオーナーの方の初期費用は、コインパーキングを経営する人がオーナーに支払う賃料で回収することになるためオーナーの方が利益を得られるのは数ヶ月先になります。

コインパーキングの経営でカギとなる機械の選び方

コインパーキングの経営でカギとなる機械の選び方 コインパーキングは無人で24時間利益を生み出すため、うまく経営できれば効率的です。
その利益を現場で管理してくれるのが会計をする機械です。
これによって利用者は利用時間を計算されて料金を払います。
そのため、初めて利用した方にもわかりやすい機械が重要で、シンプルな操作で会計が済ませられることも1つの重要な点です。
というのも、支払って数分以内に出庫することになっている場合が多いので、もたついてしまうとイライラに繋がりリピート客にはなってくれません。
また、コインパーキングは無人ですので万が一の時に防犯の高さも機械には必要です。
そう簡単には壊れない、何かあったら知らせが働くなどのセキュリティーの高さも重要です。
これがしっかりとしていないと、せっかくの利益が手元に入らなくなってしまいます。
利用しやすさと防犯力の高さの2つは必須ですので、導入するときには初期費用だけではなく、長い目で見て安心と利便性の高いことがコインパーキングには大きなポイントになります。
そのためには経営を始めるときに、複数を比較しながら最適なものを選ぶようにすると失敗がありません。
機能が納得できるものの中から大きさなどのプラスアルファで絞ると良いでしょう。

コインパーキング経営情報サイト

コインパーキング 経営