コインパーキング豆知識

管理は業者に任せるのがおすすめ

管理は業者に任せるのがおすすめ

管理は業者に任せるのがおすすめ わずかな土地でも遊ばせておくよりはと、近年空き家を壊した跡地に小規模なコインパーキングがつくられるケースが増えています。通りに面していればある程度の需要が見込めるとあって、もっとも簡単な土地活用として注目されているためです。
そんなコインパーキングを作って収入を得るには、自動で精算する機械の他、車を入れたらロックするための板を設置しなければなりません。これを個人で管理するのは大変難しいでしょう。
自宅のすぐ近くであれば、精算機からお金を回収するといったことはできますが、ロック板が正常に作動しなかったりといったトラブルが起こった場合、個人では常に対応することが出来ないと考えられます。
そのため、土地活用を専門に行う業者に委託して運営するのが一番安心かつ、安全な管理方法です。
この場合は土地賃貸方式という契約になり、毎月一定の地代を収入として受けとることになるため、利用率が低くても安定した収入になるのがメリットです。

コインパーキングを営業する際に機械の導入を業者に依頼する。

コインパーキングを営業する際に機械の導入を業者に依頼する。 都内の一等地などに土地を持っている方は、それでまた収入を得ています。
コインパーキングとして収入を得ているのですが、営業する際には様々な準備というのが必要です。土地をコンクリートで埋めなければなりませんし、釣銭機の設置が必須です。
コインパーキング用のバーや車をロックするための部品を、一台ずつ設置しなければなりません。専門のメーカーや業者から部品や機械を買うことになりますが、一台分で10万円弱というのが平均的な値段です。
中には「フロントロック」という商品で、特許を取得している業者もいます。センターロック式は特許の取得がどこにもないので、どのメーカーでも製造が可能ですが、先に記載したフロントロック式よりかは値が張ります。
センターロック式だと駐車スペース内に収められるので、スペースが狭くても余裕で設置できます。
カメラ監視システムを製造しているところもあり、これは砂利でも設置が容易なため、様々なシチュエーションで利用できます。