コインパーキング豆知識

利回りとは?予想を解説

利回りとは?予想を解説

利回りとは?予想を解説 あなたはコインパーキングについて考えた事はありますか?この記事では「コインパーキング」の収入についておおよその額等をご説明します。
まず、そもそもコインパーキングの場所によって収入は異なります。例えば、田舎の一日に一回利用されるかされないかレベルの施設はもちろん収入は低いでしょう。逆に、都会のビル街やビジネス街、ホテル街にあるコインパーキングはもちろん需要が多いので、収入は高いと推測されます。
しかし、施設を建設するにあたって取得した土地などの価格で「利回り」は変動します。例えば、都会で3000万円出して施設を建設して、1日に3万円の利益があれば利回りは約10%です。ただし田舎で100万円出して施設を建設し、1日に1000円の利益を出したとします。
どちらも工事費が同じとすれば、実はこれ、どちらも同じなんです。これで土地の価格がどれほど重要か分かると思います。ですからこれらの物を作ろうと思う方は十分に計算して土地を決めるか、相続された土地を利用すればいいと思います。

料金相場を決める要因とは

料金相場を決める要因とは コインパーキングの料金相場は東京都内で見てみますと、日中は1時間で800円?1200円程となっており、夜間料金は1時間で100円?500円程度が一般的な料金です。
料金の相場が決まる要因は様々な物がありますが、まず周辺の状況が大きく影響しています。駅から近く施設や店舗などが多数存在するようなエリアでは、コインパーキングの利用者も多いので料金設定も高くなる傾向があります。一方で都心部を離れると需要も少なくなり、土地も安いエリアですので低価格となるでしょう。
また車の多い時間帯も関係しており、一般的には昼間の方が駐車場の利用者が増加しますので、高めの料金設定でも需要があります。夜間は低料金となるコインパーキングが多数ありますが、地域性によっては夜間の方が利用者が多いケースもあるので、特性に合わせて料金設定をする必要があるでしょう。
利用時間のシステムも設定する事が大事で、20分単位での利用料金や、最大料金の設定(一例で8時?20時までは最大900円で利用可能など)などもニーズに対応する事が重要です。